サバティカル編集者のブログ 『人生一年生』

出版社に属しながら、一年間のサバ休(サバティカル休暇)を取得して、世界あちこちで過ごしてきた編集者のブログです。「西原理恵子の人生一年生」、「12歳の文学賞」、『小学一年生』編集など。

インド行って人生観変わったよ、 的なことを言っちゃう人に対して、学生時代は否定的だったんですけどね。 そんなもんで変わっちゃう程度の人生観しか持ってないからだよ、 とか、 海外行く前に、もっと日本をあちこち旅すべきだ、 とか、 反発も覚えていたモラトリアムな ...

メディアも発展途上、という印象ですが、 だからこそのビジネスチャンスも大いに感じます。 一週間ほどの滞在でのリサーチなので浅いところもあるかと思いますが、以下にまとめていきます。 ■ルワンダの現状 「ホテルルワンダ」で描かれたジェノサイドのイメージが強い ...

奥さん、絶対に浮気してますよね… それをも受け入れて、いいパパでいようとする姿に涙が誘われます。 靴くらい履かせてあげてほしい。 おしゃれしてきたけど、 彼女は冷たい。 友だちが真剣に謝ってるのに、ガン無視。 ケンカした後の拳が痛々しい。 まずは ...

率直なところを言ってしまうと、「サバティカル休暇」とは表現してほしくなかったかも? 日本のYahoo!がサバ休(サバティカル休暇)を開始したということで話題になっています。 ど~んと最大3か月の休暇 ヤフー「サバティカル制度」導入 : J-CAST会社ウォッチ ※サバ ...

南アフリカ・ケープタウンで人気のカフェが日本でも少し話題になっていることを、 「ケープタウンに住む女」さんから教えてもらいました。 ケープタウンのスチームパンク風コーヒーショップがヤバい! – TRUTH Coffee Shop 実際訪問してみると、 これが、最高に渋い!! ...

ルワンダのビジネスマンに「ドラゴンボール」の”かめはめ波”をやってもらいました。 今回のルワンダ訪問の主な目的は、 ICTサミット「Transform Africa」に参加することでした。 ルワンダのキガメ大統領を始め、ウガンダ、ケニアなどから首脳が参加する壮大なイベン ...

念願のアフリカ・ビールをやっと飲めました。ラベルが可愛い。 名作映画『ホテル・ルワンダ』で知る人の多いルワンダにいます。 南アフリカ滞在に関して書きたいことがたくさん残ってるのですが、 まずは、ルワンダの第一印象を記しておこうと思います。 ルワンダの ...

「読書時間の国際比較ランキング」(2005年)によると、 南アフリカ15位(6.3時間/1週間) 日本は29位 (4.1時間/1週間) だそうですよ! 8年前は南アフリカに来たことなかった僕でも断言しちゃいます。 そんなわけない! 南アフリカの中でも相当な都会であるケープタ ...

集中してブログを書こうと、なるべく人の少ないカフェを選んだのですが、 ラグビーが始まったようで、客席のテレビ前に従業員がわんさか集まり、大騒ぎながら観始めてます。 日本だったら「いい加減にしてくれ」と言うところだけど、 きっと南アフリカでは、そんなことを言 ...

学校図書館の司書教諭さんや、学校司書さん、図書館担当教諭さんなどが読む真面目な雑誌には似つかわしくない、ちょっと過激なタイトルをつけさせてもらいました。 「図書館だよりなんて誰も読まない」 『学校図書館』2012年12月号(通巻746号)に書かせてもらった原稿です ...

「きゃりーぱみゅぱみゅ が海外でも人気」 と日本で目にするたびに、正直、どうせ国内向けプロモーションの作り話でしょ、 って思ってました。 本当に人気あるんですね… ブラジル人もドイツ人も、こったが聞くまでもなく、きゃりーぱみゅぱみゅの話題を出してきて、「ファ ...

南アフリカでも、日本のアニメは人気がある、と先日書きましたが、 な、なんと、 南アフリカで「コスプレ・ピクニック」なるイベントが開催されるそうです! 10月19日(土) 「スゴイ ハル コスプレ ピクニック」 https://www.facebook.com/events/206358529488108/?ref ...

世界で人気の日本産、 キティ、 寿司、 この二つは鉄板ですね。 南アフリカでも例外でなく、ケープタウンを歩いているとあちこちで見かけます。 寿司キット、的なものが書店に売られてたりします。 日本人だから、寿司作れるんだろ、 とか聞かれたりして困ります。 ( ...

南アフリカだけでなく、 ブラジル、 コロンビア、 ドイツ、 フランス、 イタリア、 スイス、 韓国、 ドバイ、 コンゴ、 これらの国々の人たちと、一週間で知り合えて飲み語らったりできる、 という ・コミュニケーション力がとても高く、とても旅慣れた人 ・初めて行くア ...

南アフリカ・ケープタウン滞在も10日ほど経ち、いろいろと書きたいことが出てきます。 一つ一つまとめていると時間が足りないので、箇条書きにしていきます! ●コンゴ出身・フランス勤務の女性と話し、アフリカ発展の難しさを痛感 彼女いわく、南アフリカの発展ぶりは極 ...

↑このページのトップヘ