面白法人カヤックの2013年度 新卒採用 「ワンクリック採用」が面白いです。
http://bit.ly/zndGFW

【わずか3秒でエントリー】
Web上の活動を見るだけで、あなたを選考します。
エントリーシートの記入は必要ありません。
ディレクターはFacebook、エンジニアはGithub、デザイナーはFlickrの情報で選考します。


とのこと。

「Web上の活動だけで、その人の可能性とか人間性とか分かるわけない!」
とか言ってしまってるのは、的外れです。

新卒採用って、
ついつい「採る人」にばかり目が行きがちですが、「採られなかった人」「エントリーすらしなかった人」という圧倒的多数にアピールする最高の機会なわけです。

大事な読者層である大学生に対し、一番効果的にブランドイメージを頒布できる新卒採用情報をどう活用するか。そこには、各社の先見性が如実に現れると思うのです。

カヤックと対照的なのが、岩波書店。
http://bit.ly/w57Nzq
http://bit.ly/yDFtZR

「岩波書店著者の紹介状あるいは岩波書店社員の紹介があること」
という条件が話題になってます。

その条件自体は、別に問題ないと思うんですよね。
「目指す対象にアクセスできる能力があるか」も立派な判断基準になると思うので。

岩波書店さんに、そういう意図があるのか否かは知りませんが、いずれにしろ、
大切な「ブランドイメージのアピールポイント」を魅力的な表現にできない
という点において、お客さんからは、なかなか「採用通知」はもらえなさそうですねえ。