見る人に合わせて、記事をセレクトしてくれる
『Gunosy』などが今年話題になりました。

メディアの変化は、ここからが本番だと思います。

同じ記事でも、見る人に応じて内容・表記が変わる、
という時代も、そんなに遠からずやってくると思います。

同じニュースを見ても、
その人の年齢や性別、これまでの居住地、趣味趣向、学習習熟度、
などなどに応じて、記事の記述が変わってくる、ということです。

たとえば、沖縄の基地問題に関するニュース一つとっても、
・沖縄在住の人でかつ、関連地域に住んでる人
・沖縄在住だけど、関連地域には縁のない人
・沖縄在住ではないけれど、何度も関連地域を訪れている人
・一度も沖縄に行ったことがない人
という単純なバックグラウンドによって、求める情報の濃度は異なってきます。

それが、「記事を表示するか/否か」で分けてしまうのは大雑把すぎます。

となると、「記事のどの箇所を詳しく表示するか」というニーズは既にあります。


作り手としては大変そう〜という感じですが、
案外すぐに、そんなサービスが出てきそうです。