先月訪れていた南アフリカのケープタウンで、コスプレイベントが開催されていて驚きました。

ヨーロッパでコスプレが人気、ということは割と知られていますが、
まさかアフリカ大陸の最南端で行われているとは!

IMG_8489
※この写真は南アフリカでのイベント写真ではありません。


僕はその日、サファリツアーだったので残念ながら参加できませんでしたが、
参加した人によると、衣装の大半は、日本のマンガキャラのようです。

私は出版社に属する人間ですが、
海外においては「コンテンツ売上単体で利益を出す」ことは、かなり難しいと考えています。


では、何で利益を上げるのか?

そのヒントの一つとなるのが、【コスプレ】だと思っています。


■コスプレの強み:

・マンガのコアファンのコミュニティがベースとなっている
・イベントによって人が集う
・ハロウィンなど既存のイベントと組み合わせやすい
・物販が伴う
・化粧品、ウィッグ、アパレル、カメラなど、既に日本企業が海外で存在感を発揮している分野と連携しやすい


そんなわけで、
大いなる可能性を感じ、私も先週末、人生初のガチ・コスプレを体験してみました。

IMG_8503


純粋に楽しかったのですが、
予想以上にお金を遣うハメになりました。。

衣装代、ウィッグ代、小物代はもちろんのこと、
イベント参加費、飲食費、交通費、旅費などなど、結構な出費です。

これは大いなるチャンスがある
ということだと思います。


そして、コスプレがメジャーになりつつあるとはいえ、まだまだ「一部のコアな人の趣味」を脱しておらず、発展の可能性が大いにあるな!と実感できました。

若い世代だけでなく、

・親子
・ペット
・学校行事、地域行事
・高齢者

などにも広げられる可能性は十分にあります。

とりわけ、
日本でもニュースになっていたように、親子コスプレ」は相当な需要があると思います。
参考/
「ハロウィーン:人気拡大 親子でコスプレ、写真公開…」(毎日新聞 2013年10月24日)



では実際、コスプレ関連で、どんなビジネスが考えられるか???

このあたりは、たくさんアイディアがあるので、
次回、さらに具体的に記していきますね!