昨今、日本で
「三丁目の夕日みたいな時代の活気をもう一度!」
的な風潮があったりしますが、
そんなん無理だっつーの
って思います。

IMG_0067


冷めたことを言いたいわけじゃありませんよ。

アフリカのルワンダで過ごした後に
日本に戻ってくると
「政治的、社会的に考えてどうの、ではなくて、
物理的に考えてありえない」
と思うのです。

途上国で滞在した後に
東京に戻ってみると
「ここで一体、何を売ればいいっていうの??」
と心底思いますから。

今の日本において、
新しく必要なものなんて、もうない
といって、決して大げさではないですよね。


この一年間で買ったもののうち、
本当に「ないと困る」ものを数えあげてみてください。

おそらく、
食べ物と生活用品以外、ないはずです。

IMG_0058


新しく買った、あの服もその帽子もこの電化製品も、
どれも、
機能で考えれば、数年前に買ったもののままで
なんら問題なかったはずです。

きっと、食べ物と生活用品でさえも、
「あれ、買わなくってもどうってことなかったよね」
というものだらけで、
「あ、そういえば、買ったけど全然使ってなかった」
と気づいたものも少なくないんじゃないでしょうか。



ルワンダは違います。
日本人からすれば「ないと困る」ものだらけ。

そんなところで、
若者人口が増えて、
人々の収入が増える、
わけです。

「きっと高度成長期前夜の日本は、
こんな雰囲気だったんだろうなあ」
という印象を、街のあちこちで感じます。

そりゃあ、
『三丁目の夕日』的な状況は、
自ずと生まれてきますよ。

IMG_7815


一方、これだけ成熟した日本で
「三丁目の夕日みたいな時代の活気をもう一度!」
なんて
無理に決まってるじゃないですか。

下りのエスカレーターで、必死で逆走してる子ども
みたいな感じです。


じゃあ、
「このまま成長は諦めて、経済二流国になっていけばいいのか」
というと
それはまた別の話でしょう。

下りのエスカレーターに乗ってることは
しっかりと受け止めて、
素直に降りて、
その古くなったデパートから出ましょう。

扉の外に出て、新しい成長のかたちを見つけるほうが
100倍面白いし、可能性があるはずです!

IMG_0063