「ジャパゾン」に関する記事と、それに対する反応(大半が否定的)を見たのは、インドネシアにいる時でした。

「なんだかな~」
と思ってたのですが、あえてツイートもブログに書くことも控えていました。

出版社に所属しながら、サバ休(サバティカル休暇)で海外にいる、
という「半歩外」にいる状態の人間が、
どうのこうのいう立場じゃないかな、と。

resize


でも、つい先日、帰国して、
東京の紀伊國屋書店などに足を運んでみると、
「なんだかな~」という違和感が蘇りました。

半歩外にいる状態だからこそ言えることもあるかもしれないな
という思いも。

批判の声の数々が、なぜ残念なのか、記します。


一応、電子書籍「ジャパゾン」に関して、おさらいしたい方はこちらを↓

まず、発端は朝日新聞2013年12月22日朝刊の一面記事です。

対アマゾン、電子書籍で連携 書店や楽天など13社、めざせ「ジャパゾン」


紀伊国屋書店など国内の書店や楽天、ソニーなどの電子書店、日販、トーハンなど取次業者の計13社が、
「電子書籍販売推進コンソーシアム」を設立したというもの。

そんな批判されるような内容でもないのですが、
「ジャパゾン」という言葉が使われていたことで火が点きました。
(そういう意味では朝日の記者が見事と言えば見事)

ネットでは批判的な反応があちこちで。
よくリツートされてたのは、こちらの記事です。

電子書籍でアマゾンに対抗! 「ジャパゾン」に盛大な“出オチ感”

Amazonに対抗して「ジャパゾン」って本気ですか?

まとめとしては、このあたりが参考になります。

痛いニュース



失礼を承知で、はっきり言わせてもらうと、
どの意見も、メディア・リテラシーがなってない、ですね。

朝日新聞の記事だけ見て、裏読みも深読みもせずに否定してる感が満載です。

改めて読んでみても、
「なんだかな~」という感じで、残念な意見ばかり。

極端に言えば、
記事読まずに、皆さんのツイートだけ見てても書けそな批判ばかりなんですよね。


●「電子書籍の作品カード」に対する想像力が不足してる

代表的な意見はこちらです。
12月28日付けの朝日新聞でも一部が紹介されていましたし、ネットのあちこちで賛同の声を見かけました。

楽天、ソニーなどの13社ほどで「電子書籍販売推進コンソーシアム」を設立し、紀伊国屋、三省堂、有隣堂、今井書店の店頭で、電子書籍を販売する計画とのこと。
ネットよりも書店で先行販売したり、電子書籍の作品カードを並べ、店頭で決済、カードに書いてある番号で電子書籍をダウンロードする仕組みを展開するとのこと。

これのどこに魅力を見出せば良いのだろうか。書店がいいのは、実際に中が読めることだったり、並べる本のセレクトだったりが楽しいのであって、上記はこのいずれも叶えてくれそうにない。
わざわざ書店まで出向いて、中の見れないカードを物色して、レジで決済して、番号をスキャンして(下手したら手入力して)ダウンロード?いやー、ないでしょう。ない。ない。

(Amazonに対抗して「ジャパゾン」って本気ですか?)


いや、ありでしょう。
あり。あり。


何も、13社が「電子書籍販売のリアル店舗」を新たに作るわけじゃないですよ。

既存の書店で展開するんですよ。

「電子書籍が欲しいな~と思って、わざわざ書店に足を運ぶお客さん」を想定してるサービス
じゃなくて、
「書店に来ているお客さん」に対する補足サービス
と捉えるべきでしょう。

そもそも、なぜ「中が見れる」「並べる本のセレクトの楽しさ」がない、と断言するのか分かりません。

おそらくイイヅカさんは
「電子書籍ラックがあって、そこにカードがスババンとつめ込まれている」
みたいな状況を想定してるのでしょうが、
はっきり言わせてもらうと、想像力不足です。
(まあ、開始当初はそうなると思うので、致し方ないのですが)

紙の本の横に、その本の電子書籍のカードが並ぶでしょう。
「中は見られる」わけですよ。

紙の本の在庫がない場合だって、
カードのバーコードを、店の機械やiPhoneにかざせば、数ページ読めるとか、
やれることはいくらでもある。

もっとアナログがいいなら、「カード」に数ページの見本でもつければいいだけの話でしょう。

そして、
書店員さんたちが長年培ってきた
【本の並べ方、セレクトの妙】が、
電子書籍カードの店頭での配列に活かせないわけがありません。

「並べる本のセレクトの楽しさ」も作り出してくれますよ。
ご安心ください。


●自分たち以外の需要を想像してない

そうはいってもやっぱり、「書店で電子書籍を買う」なんて
「ない」という人も少なくないとは思います。

しかし、
あなたたちには「ない」としても、
必要としている層があるのです。

高齢者です。

馴染みある場所で、
店員にサポートしてもらいながら、ダウンロードできる
という状況はありがたいという人は、高齢者には少なくないと思います。

おそらく、今後、リアル書店は
高齢者をメインターゲットとした店やフロアが増えてくるでしょう。

その将来像を思い浮かべた際、
「店頭で電子書籍を買える」
というサービスには非常に可能性があります。


●日本の編集者の力を見過ごしてる

これは、蛇足かもなあ、と思いつつも、
やっぱり言いたい。

日本の編集者をなめんな、と。


ーー実際に、読者が足を運んでくれる書店で、
自分が手がけたコンテンツが、
紙の本と、電子書籍のカードというかたちで並んでいる。

今までは、ほぼありえなかった
「紙版と電子書籍を手にとって見比べてもらう機会」
が、馴染みある書店で作られるーー


こんな状況が実現する可能性があるわけですよ。

ちょっとでも想像力とやる気のある編集者なら、
面白いこといくらでも考えつきますよ。


2バージョンに、どう違いを作るか?

読者はどっちを選ぶか? その選択基準をどう作るか?

両方買いたい!と思ってもらえる仕組みはないか?


考えれば考えるほどワクワクしてきます。

記事の表層だけなぞって、ありきたりな批判しているよりは、
はるかに創造的で、読者のことを考えた仕組みだと思うけどなあ。




上に挙げたようなこと以外にも、
●それぞれ独自に電子書籍ストアを展開している各社がコンソーシアムを結成してるのだから、
システムを共通化していけば、利用者にとってのメリットだって十分あるでしょう。

とか、

●「ジャパゾン」って言葉を批判してどうする。
実際付けるわけがないでしょ。

とか、いろいろと突っ込みたいところはあるのですが、
とにかく総じて言えるのは、
否定すること前提で、記事の表層だけ読んだと思える批判ばかりだったのが本当に残念。

「既得権益」を、こき下ろしたい気持ちも分からなくはないのですが、
もうちょっと建設的な批判をしましょうよ、
と思うわけです。


…と、
「電子書籍販売推進コンソーシアム」を擁護するような意見を
並べたので、最後は、ちょっと苦言を。


●出版業界の「情報発信の下手さ」が全く進歩してない

出版業界は、これまで、さんざん
「国産・電子書籍サービス」は批判される状況を味わってきたのですから、
”今回の発表が、ネット上でどのような反応を招くか”
くらい容易に想像できたはずです。

もうそろそろ、そのあたりを上手く導く術を身につけましょうよ。

さんざん、amazonの情報発信の上手さに煮え湯を飲ませられてきたのですから。

そもそも、なぜ、これだけ話題になっている時に、
「電子書籍販売推進コンソーシアム」自身の意図を
しっかりと伝える場(サイト)がないのでしょうか。

なぜ自分たちの想いやメッセージをしっかり伝えないのでしょうか。


ネットでよく見かける
「amazonは読者のことを一番に考えていて、
出版業界の人たちは、読者のことより、自分たちの既得権益を守ることばかり考えてる」
という浅っい意見が
見当違いであり、
出版業界の人たちが、どれほど読者のことを大切に考え、努力しているか、
僕は「半歩外」に出て、改めて感じています。

だからこそ、
「メディアである我々が、自らのスタンスを、アピールするなんてみっともない」
的な、一昔前の硬派男児気質からは、そろそろ脱するべきです。



今年ベストセラーとなった『伝え方が9割』、
2014年は、出版業界こそ実践しましょう。

それの行動は、きっと、ネット上で建設的な批判が生まれてくる
一つのきっかけになるはずですから。