サバティカル編集者のブログ 『人生一年生』

出版社に属しながら、一年間のサバ休(サバティカル休暇)を取得して、世界あちこちで過ごしてきた編集者のブログです。「西原理恵子の人生一年生」、「12歳の文学賞」、『小学一年生』編集など。

カテゴリ:教育

制度が変わるのを待つだけでなく、 僕らが今、やれることは何か、そんなことを真剣に考えないといけないのではないかと思っています。 教育に関わる大半の問題の根底に関わっていると思うからです。 ぼくの知る限り教師はみんな子どもたちのために頑張りたいと思っています ...

「教育夏祭り2009」での「物語を作ろう!」講座を、先週末に終えてきました。 集客に力を入れてなかったので、人の集まりがいまひとつだったのは残念でしたが、 第四回の大賞受賞者・宮井紅於さんはゲスト出演で華を添えてくれたため、 とても楽しい45分間となりました。 ...

「教育」というのは本当に奥深いけれど、少なくとも断言できるのは、「教科書に何が載っているか載ってないか」にわーわー騒いでる場合ではないということ。そんなもの、たいした問題じゃないことくらい、自分の学生時代を振り返ってみたら誰だってわかるはず。もっと大きな ...

電車の中、大声で泣きわめいている幼い子どもがいました。両親も必死であやしてるのですが、まったく泣き止みそうにない。そもそも、なんで泣いてるのか、両親も分からない様子。そんなとき、見知らぬおじいさんが近づいて、笑顔で、すっと、アメを差し出しました。その途端 ...

↑このページのトップヘ